06

木造建築の流れ

日本で一番主要な住宅構造といえば「木造建築」です。自分の家を一から建てる場合、
住宅構造の案として木造建築を検討する方も多いのではないでしょうか。
ここでは丸山工務店の木造建築の流れを紹介します。

木造建築の流れ

地鎮祭~地盤調査・地盤改良

地鎮祭(地祭り) 神聖な気持ちで・・・
地鎮祭(地祭り) 神聖な気持ちで・・・

土地の神々にお鎮りいただき、土地を利用させてもらうことを報告し、合わせて工事の無事を祈る儀式です。お施主様は忌砂(いみずな)に「鍬(くわ)入れ」を行い、業者は「鋤(すき)入れ」を行います。建築地の一部を竹で囲い、海・山の幸を備えた祭壇にて「二礼二拍 一礼」でもってお祈りをいたします。

地盤調査
地盤調査

江東区・江戸川区は、地下水位が高く軟弱な地盤が多く存在します。軟弱な地盤では、長期的な沈下が問題です。建物の財産価値を守るため、地盤調査による状態の把握・適切な地盤改良対策が必要不可欠です。丸山システムにより、無料で地盤調査を行っています。

地盤改良
地盤改良

地盤調査結果から地盤補強が必要と判断された場合、柱状改良工事を行います。工事は地盤調査結果から打設する改良体(杭)の本数・長さの検討を行い、徹底した品質管理のもと施工されます。大切なお住まいを支える万全な地盤でご安心いただけます。なお、補強工事を行った地盤はその後10年間、地盤保証をいたします。

ここから基礎工事の始まりです。

仮設工事(やり方)基礎工事のために・・・
地盤改良

敷地の高低差や建物の配置を確認を行います。その後、やり方工事を行い、基礎工事の準備・確認を行います。やり方工事は、基礎の出来に直結する重要な作業です。職人・当社スタッフにより念入りに行います。

土工事 地下からの湿気を防ぐ・・・
地盤改良

規定の深さを掘削し、15cmほど手作業できれいに敷き詰め、砕石を入れてならし工事を行います。その上に、地下からあがってくる湿気を遮断するための防湿シートを充分な重ねしろで敷き詰めコンクリートを流して押さえます。

鉄筋工事 鉄筋が基礎の割れを防ぐ
地盤改良

鉄筋は、基礎に地震の大きな力が加わったときに基礎コンクリートの割れを防ぐ重要な役目を果たします。品質確保のための証明書はもちろん、施工と品質の検査を万全に行っています。

コンクリート工事 コンクリートの検査が耐久のカギ
地盤改良

歩くと床が沈む、白アリが怖い・・・など、高湿な日本では、床下の湿気対策が耐久性に密接に関係します。当社では、コンクリートの強度検査を二度(耐圧と立上り部)行い、打設。基礎と土台の間に基礎パッキンを敷き基礎を切り欠かずに換気量を確保する工法を採用しています。床下の湿気も万全な換気で心配なし。白アリ保証が付くのでより安心です。

ここから木工事。

軸組在来工法 大地震から暮らしを守る骨組みです・・・
軸組在来工法

当社は、柱・梁・壁パネルで構造を形成する軸組パネル工法で住まい造りを行っています。地震に強い構造体を建てるため、全棟構造計算をし裏付けの確かな一つ一つの金物でしっかり接合していきます。
当社の注文住宅は、1棟平均数百個に及ぶ建築金物で補強し、性能表示制度・構造の安定性で最高等級の耐震性を確保しています。(躯体20年保証付)

屋根工事『雨漏りのない』ならではの工法・・・
屋根工事

軸組工法は、屋根を先に作る優れた特徴があります。工事期間中の雨から建物の骨組みを守る先人の優れた知恵です。
また、屋根は、直射日光を一年中浴びるため、住まいの中では一番厳しい環境にさらされる部分です。しっかりとした防水処理や高耐久の材料を採用することが大変重要です。

中間検査 確認申請機関による構造チェック・・・
中間検査

中間検査は、3階建に義務付けられた構造の検査です。確認申請図面通りに建物が建てられているかどうか、建物の配置チェック、コンクリート品質チェック、金物チェックなどが行われます。
2階建は中間検査がありませんが当社では全棟構造計算を行っています。
尚、当社では、品質施工管理チェックシステムにより数百項目に及ぶ万全な検査を全棟行っています。

防水工事 サッシ周り・ベランダが重要・・・
防水工事

建物には、屋根・外壁・サッシ・ベランダ・屋上など防水処理が重要な箇所がたくさんございます。特に一番雨漏りが多いと言われるベランダ防水では雨漏れのし易い箇所を専用の部材を使って施工しています。

断熱工事 新聞紙のリサイクル・・・
断熱工事

当社で採用している断熱材は、国が推奨する次世代省エネ基準適合のセルロースファイバー断熱材です。原料は、新聞紙など木質で環境にやさしい自然素材です。冬場でも日中は暖かく夏は涼しく快適に過ごせる断熱性能を確保します。
顧客の皆様より、驚きと喜びの感想・声が多く寄せられます。また、構造材を腐らせる壁内結露を防止する役割があります。

ここから仕上げ工事。

塗装・内装・建具工事 安全暮らしを・・・
塗装・内装・建具工事

塗料や接着剤などから発生する有害化学物質は、シックハウス症候群の原因になります。当社の建材は国基準最高等級のF☆☆☆☆(フォースター)を採用し、万全なシックハウス対策を行っています。

竣工!これからが当社との長い本当のお付き合いです・・・
竣工

ご新居に引越されるときは、新たな感動とお喜びが胸いっぱいに広がることと存じます。当社では、皆様のサポートこそが家まもり管理工務店の責任・使命と考えます。お引渡し後も建物生涯に渡り年2回制定期点検を行い、住まいの管理カルテなど、丸山サポートシステムで万全のお手伝いをさせていただきます。
また、リフォームに関してはマルハウジングサービスがご要望・ご希望を大切にしておりますので、ご安心いただけます。